Page: 2/4  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
社会を変えるWebクリエイティブ
今月のWeb Desiginingは、
我らがgreenz.jpさんとのコラボで
「社会を変えるWebクリエイティブ」特集が組まれています。

海外の事例がたくさん見れて面白いですよー。

是非、ご覧ください。

JUGEMテーマ:エコプロジェクト
評価:
---
毎日コミュニケーションズ
¥ 1,280
(2009-02-18)

| ヤマグチガク | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
僕は偽善者です。−読書メモ:徳と正義
評価:
中坊 公平,稲盛 和夫
PHP研究所
---
(2002-05-16)
コメント:中坊さんすごい
Amazonランキング: 106187位

またもや、稲盛さん本を読みました。
豊島の産廃訴訟や住専処理で有名な辣腕弁護士中坊公平さんとの対談です。


以下に、この本からもらった新しい視点を、メモしておきます。

■物事を正しく、本質を掴むために見る時に避けなければいけない3K by 中坊公平
 「感傷」・・・感傷に浸った目、情緒的な視点で現場を見てはいけない。
 「過去」・・・過去の経験にこだわって物事を見ると、問題を直視できない。
 「観念」・・・現場を見ないで、頭の中だけで抽象的に考えると狭い視野になる。


■相手を前のめりに倒させてあげることで打ち負かした相手と遺恨を残すことがなくなる。


■偽善でもいいから、よきことに努めれば、やがて真の善となる。 by 稲盛和夫

 これを稲盛さんが言ってたのが凄く嬉しかったです。
 僕も自分の事は、激しい偽善者だと思っています。
 ケチだし、自己顕示欲強いし、愛想悪いし、親不孝者だし、
 でも、少しでも偽善を繰り返すことで少しでもまともな人になれればいいなぁと思いつつ、
 いろんな活動をしていたので、この言葉をもらって、稲盛さんに励まされた気分です。


■日本の問題は、「統治客体意識」「観客民主主義」が原因。 by 中坊公平
 「統治客体意識」から「統治主体主義」へ
 「観客民主主義」から「主役民主主義」へ
 へ変わらなければ、日本は良くならない。

 そのためには「一燈照隅、万燈照国」を実践すること。
 1人ひとりが自分の足で立ち、みんなのために何ができるか考えて、
 1人ひとりが一つの隅を照らせば、万燈が灯り、全体が明るくなる。
 つまり、国民ひとりひとりが主役の意識をもって立ち上がること。
 そのためには、自分が義務だと思ったところからとりあえず果たしてみること。

 
まったくだー。
すさまじい人生を送ってきた方は、
さすがに良いこと仰るわ。

JUGEMテーマ:ビジネス書
 
| ヤマグチガク | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Review:ブランドは広告でつくれない
下記のことが、ひたすら実例とともに語られております。

・広告は北風、PRは太陽
・広告は立体的、PRは直線的
・広告はビッグバン、PRはスロービルディング
・広告は映像、PRは言葉
・広告は誰にでも、PRはキーパーソンに
・広告は自己管理型、PRは他社依存型
・広告は短命、PRは長寿
・広告は高価、PRは安価
・広告はライン・エクステンション、PRは新ブランド
・広告は既存ブランド名向き、PRは新ブランド名向き
・広告はおかしく、PRはまじめ
・広告は非創造、PRは創造的
・広告は信頼されない、PRは信頼できる
・広告はブランド維持、PRはブランド構築


アル・ライズさんの「フォーカス」も、
そうなのですが。

一つの結論を伝えるために、
ひたすら何度も何パターンも実例を使って繰り返す
ってのが、アルライズさんの本の書き方ですね。

JUGEMテーマ:ビジネス書
 
評価:
アル・ライズ,ローラ・ライズ,共同PR株式会社
翔泳社
¥ 1,890
(2003-02-13)
コメント:アル・ライズ師匠すてき
Amazonランキング: 31878位
Amazonおすすめ度:
眼から鱗が・・・ピーアール、大事。広告、終わった。
社長に読ませたい・・・
「PR」の重要性と、「広告」の崩壊

評価:
アル・ライズ
海と月社
¥ 2,100
(2007-08-03)
Amazonランキング: 62118位
Amazonおすすめ度:
最高傑作
ビジネスは製品の競争ではない。フォーカスの競争である。
さすが、と思わせる充実の内容と説得力

評価:
アル・ライズ,ジャック・トラウト,フィリップ・コトラー(序文)
海と月社
¥ 1,890
(2008-04-14)
コメント:まだ読んでない
Amazonランキング: 8884位
Amazonおすすめ度:
シンプルでわかりやすい
マーケティングの王道本
30年以上前の本とは思えない!

| ヤマグチガク | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Review:松下政経塾とは何か
評価:
出井 康博
新潮社
¥ 735
(2004-11)
コメント:明治維新もいいけどさ。
Amazonランキング: 135336位
Amazonおすすめ度:
新党構想もあったようです
今後、期待したい著者の作品
ちょっとネガティブ?

最近、松下政経塾の卒塾生の方々や、
薄く関わった人々にお会いする機会があったので、
なんなんだろう?松下政経塾ってのは?

という答えを得るために、読んだ本です。

■松下政経塾とは?
・松下幸之助が、明治維新に憧れて、
 政治家の家筋以外からも政治家を創ろうと始めた私塾。
・財源は、幸之助さんの私財、10億円の運用資金。
・議員・首長を69名輩出。(2009年2月5日現在)

■筆者の結論
・政経塾独特の政治手法「ノボリ+立ち演説」や、
 地方分権、首相公選など一定の効果はあった。
・「鞄、カンバン、地盤」がないけども
 政治家に成り上がりたいだけの人物に、
 利用される組織になってしまってはいないか。
・本当の「人物」を、輩出することが大切なのでは。
・政経塾の維持自体が目的になった時点で、腐敗し始めるのでは。


僕が印象的だったのは、2点。
■1
今、一生懸命、読んでいる稲盛和夫さんの事を、
「あの人はただ松下幸之助になりたいだけなんだ」
という感じで一刀両断してしまっているところ。

僕は松下幸之助さんのことを良く知らないので、
幸之助さんに心酔している人から見ると、
そんなちっぽけな人なんだとびっくりしました。
松下幸之助さんも哲学者&実践者らしいので、
ちょっと興味が出てきました。

■2
松下幸之助さんや、優れた頭脳をお持ちの方々が、
なんで、そんなに歴史物語(明治維新)を
今の世の中に持ち込みたがるのかが、解せないです

既に、人情だって、人の琴線だって、
社会のインフラだって、変わっているのだから、
もっと新しい社会の変え方があるはずだと思うのです。
そこを見つけるべきですよね。きっと。

JUGEMテーマ:政治
| ヤマグチガク | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Review:稲盛和夫の哲学
評価:
稲盛 和夫
PHP研究所
¥ 500
(2003-07)
Amazonランキング: 4167位
Amazonおすすめ度:
いつもの戯言ですね
いいことは書いてあると思う
高校生の私でも

仏教の教えを、科学的視点から語っている本です。

僕がこれだけは覚えておいておこうと思ったのは、以下。
人間の六大煩悩の中でも特に厄介な「三毒」

「貪」(とん)
 何でもわがものにしようとする貪欲な心。

「瞋」(じん)
 自分の勝手な振る舞いで怒るような浅ましい心。

「癡」(ち)
 無常である世の中を「変わらない」と考え、
 自分の思い通りにならないことに対して、
 愚痴をもらし、不平不満を言うこと。

ちなみにこの煩悩を仏教は否定しているわけではなくて、
この煩悩がないと生存できないんだよ。
と肯定もしているんですねー。
でも、なるべく減らすように努力するのが、
人間の「勤め」なんだよーと、教えているわけです。

さすがに何千年も生きてきた哲学は奥が深いですなー。

JUGEMテーマ:ビジネス書
 
| ヤマグチガク | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
自然界の掟
「弱肉強食」ではなくて「適者生存」

「稲盛和夫の哲学」より

強いものが生き残るのではなくて、
環境に適応できない、
環境変化に適応できないものが死んでいくと、
そういうことですな。


| ヤマグチガク | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Review:海獣の子供
評価:
五十嵐 大介
小学館
¥ 750
(2008-07-30)
Amazonおすすめ度:
21世紀の『海のトリトン』

恐ろしい世界へ!

漫画好きの奥様が、TSUTAYAで借りてきたので、
1巻〜3巻まで読みました。

世界観がすごいです。

僕達は、宇宙の一つの細胞なんだ。

人間の一つの細胞が、
人間がどんな姿をしているか、
なんてわかるわけがない。
人間がどういう仕組みで動いているかなんて、
わかるわけがない。
人間の外にどんな世界が広がっているかなんて、
わかるわけがない。

人間がそもそも宇宙の仕組みを、
全部、知っていると思うこと自体が間違えなんだ。

僕等の知らない世界が「在る」、
そういう認識で世界を捉えるべきだ。

そんなことを考えさせられる漫画でした。

う〜ん、最近、こんな漫画や稲盛さんの本ばっかり読んでるから、
どんどん世間とずれていく気がするー。

テレビも見よっと。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ
 
| ヤマグチガク | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Review:7月4日に生まれて
後から見ると狂気にしか感じられないようなことを、
人間って平気でやるんですね。

怖いです。

国のために、正義感を持ってベトナム戦争に行って、
下半身不随になって帰ってみたら、
ベトナム反戦運動が始まってて、
俺らこんな目にあってまで、
国のために行ってきたのに、
お前ら何やってんじゃ、こりゃー!
と切れつつ、社会からあぶれていくベトナム帰還兵。

そして、気持ちの整理をしながら、
どう生きていくべきかを、
悩みながら掴み取っていく様。

泣けます。号泣致しました。

特典映像の
主人公のモデルとなった人のインタビューのセリフも印象的でした。

「僕にはこんな試練が与えられたから、今の前向きな僕になれたと思う。
僕はやっぱり幸せだったことに、やっと気づいたんだ。」

最近、読んでる稲盛和夫さん本と同じこと言ってます。

「運命を呪う暇が、あるんだったら、未来に希望を抱いて、
 世のため、人のために、尽くしなさい。」

だそうです。

生きるって、大変だわ。


評価:
---
ソニー・ピクチャーズエンタテイメント
¥ 1,119
(2002-11-01)
Amazonランキング: 44643位
Amazonおすすめ度:
「神なんて俺の死んだペニスと同じだ!」
今もこの悲劇は繰り返されているのだろうか?
圧巻の人間ドラマ

| ヤマグチガク | 22:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
Review:かこさとしの情念のつまった本。


この本、すごいです。

虫の跳躍力の話から始まって、
読み進めていくうちに、
宇宙の果てまで飛んでいきます。

中身もすごいですが、
「かこさとし」のあとがきも、
すさまじいです。

科学、世界、未来に対する愛情と、
その愛情をなんとかして、
子供達に伝えようとするその執念。

1970年代に出た絵本ですが、
今、読んでもおもしろいですよ。

子供のときに、読んだ覚えはありますが、
こんなに感動したっけなぁ。

ほかにも、
「海」とか「地球」とか、
あるみたいです。

読みてー。

「かこさとし」さんは、
「だるまちゃんとてんぐちゃん」とか、
「からすのパンやさん」とか、
素晴らしい名作をたくさん書いている人です。



ちょっと、話がそれますが、
ゲイリー・スナイダーや、アレンギンズバーグとも交流のあった
伝説の詩人「ナナオ サカキ」が先日この世を去りました。

彼の代表作の詩を紹介しますね。
これもなかなか素晴らしいです。


ラブレター(ナナオ サカキ)

  半径 1mの円があれば
  人は 座り 祈り 歌うよ

  半径 10mの小屋があれば
  雨のどか 夢まどか

  半径 100mの平地があれば
  人は 稲を植え 山羊を飼うよ

  半径 1kmの谷があれば
  薪と 水と 山菜と 紅天狗茸

  半径 10kmの森があれば
  狸 鷹 蝮 ルリタテハが来て遊ぶ

  半径 100km
  みすず刈る 信濃の国に 人住むとかや

  半径 1000km
  夏には歩く サンゴの海
  冬は 流氷のオホーツク

  半径 1万km
  地球のどこかを 歩いているよ

  半径 10万km
  流星の海を 歩いているよ

  半径 100万km
  菜の花や 月は東に 日は西に

  半径 100億km
  太陽系マンダラを 昨日のように通りすぎ

  半径 1万光年
  銀河系宇宙は 春の花 いまさかりなり

  半径 100万光年
  アンドロメダ星雲は 桜吹雪に溶けてゆく

  半径 100億光年
  時間と 空間と すべての思い 燃えつきるところ

       そこで また

       人は 座り 祈り 歌うよ

       人は 座り 祈り 歌うよ

                     1976 春

        (ナナオ サカキ詩集『犬も歩けば』野草社刊)

JUGEMテーマ:絵本紹介

評価:
加古 里子
福音館書店
¥ 1,470
(1978-01)
Amazonランキング: 19200位
Amazonおすすめ度:
子どもの想像力を限りなく刺激する最高の絵本
男の子の夢をつくる一冊

| ヤマグチガク | 13:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
必読本!戦略PR
評価:
本田 哲也
アスキー・メディアワークス
¥ 780
(2009-01-13)
Amazonランキング: 206位
Amazonおすすめ度:
オバマ氏も「戦略PR」だったんです
トレンドの予感!
PRはマーケティングの1手法でもあったのか。

「こういうことかー!」
っていうのが、第一印象でした。

「明日の広告」にしても「戦略PR」にしても、
なーんとなく、感じていた事を、
きちんと、
君の思っていたことって、これでしょ!
って見せてくれる感じの本です。

今の
「パブリック・リレーション」
「広告」
「マーケティング界」
に身を置く人なら、
絶対に目を通しておいたほうが良い必読本です。

広告、PR界の時代認識本ですな。

僕が一番読んでて嬉しかったのは、以下の文。

みんなが思っているよりも、「知ったほうがいいこと」は、世の中に存在するのだ。良い商品、スゴイ技術、素晴らしい人、素敵な場所、意義深い活動、共感できる考え方・・・・。〜中略〜
そんな「いい情報のカケラ」を見出して、増幅させる。空気をつくる。世の中に「気づき」を与える。その結果、動きが生まれる。ニーズが生まれる。ビジネスがうまくいく。そして、そのうねりに関わる人みんながハッピーになれる―これが、PRができること。そして、本来のPRがやらなきゃいけないことだ。だから、僕たちPRに携わる人間の責任も重い。本物を見抜く目と、強固な倫理観と、社会的なビジョンを持たなければいけない。あと、ちょっとだけユーモアも。
僕が広告、マーケティング、コミュニケーション全体が好きな理由って、この文に集約されています。
そして、ぼくはこんな仕事をずっとやっていきたいと思いました。
この文を読んで、あたしゃ、本田さんに惚れました。

「明日の広告」も読んだ後、テンション高まったけど、
これも、久々にテンションあげあげ本でした!

本田さん、ありがとうございます!


JUGEMテーマ:マーケティング
JUGEMテーマ:ビジネス書
| ヤマグチガク | 02:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

おうちでエコトク

200_189.gif 太陽光発電業界を10数年支え続けた商社とタッグを組んで、安心しておススメできる会社のみ掲載しています。

Feed In Tariffを実現しよう


自然エネルギーを日本でもっと普及させるため、「固定価格買取制度」を日本でも実現しましょー。やるぞ!日本!Yes100円!宣言してください。環境産業立国のやさしくてつよくてかっこいい日本にしましょう!

ガクの厳選!オススメ本

社会的責任のマーケティング―「事業の成功」と「CSR」を両立する
社会的責任のマーケティング―「事業の成功」と「CSR」を両立する (JUGEMレビュー »)
フィリップ・コトラー,ナンシー・リー
ソーシャルマーケティングの豊富な事例を紹介、分類しています。
考えるべき課題や、起こりうる問題なども具体的に書いてありますので、各企業の担当者の方や、サポートするコンサル担当におすすめです。

ガクの厳選!オススメ本

7つの習慣―個人、家庭、社会、人生のすべて 成功には原則があった!
7つの習慣―個人、家庭、社会、人生のすべて 成功には原則があった! (JUGEMレビュー »)
スティーブン・R. コヴィー
無宗教の人がより良く生きるための聖書だと思います。ビジネス書として読むにはもったいない程の良書。

ガクの厳選!オススメ本

ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」
ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」 (JUGEMレビュー »)
宮崎 駿
映画しか観てない人は、絶対に読んで!僕の価値観の60%はナウシカ漫画版でできています。

ガクの厳選!オススメ本

フォーカス! 利益を出しつづける会社にする究極の方法
フォーカス! 利益を出しつづける会社にする究極の方法 (JUGEMレビュー »)
アル・ライズ
豊富な事例でブランドにおけるフォーカス=「わかりやすい強み」を絞ることの大切さを説得してます。あれもこれもやりたがる人は読みましょう。

ガクの厳選!オススメ本

 (JUGEMレビュー »)

この本を読んでから、時間や仕事に対する意識が厳しく持てるようになりました。バリバリ働きたいけど、ワークライフバランスも大切にしたい人は絶対オススメです。

ガクの厳選!オススメ本

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」 (JUGEMレビュー »)
細谷 功
デッドライン仕事術とセットで読んで下さい。そして、仕事に取りかかる前に、この本で言っていたポイントを思い出して下さい。今まで4時間かかっていた仕事が1時間半で終わります。

Category

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

Archives

Entry

Comment

Profile

Blog tools

あわせて読みたいブログパーツ フィードメーター - 広告が世界にできること。

Sponsored Links

Search

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode